メーカーや開発会社に就職するには専門学校卒業が条件

若者の間で人気のある職業の1つにゲームクリエイターがあります。ゲームクリエイターの多くはメーカーやソフト開発会社で働いています。大手企業が中心のメーカーと、自社で企画して開発、販売を手がけている小規模の会社があります。これらの会社に就職するのがクリエイターになる近道ですが、そのためには学歴とスキルが必要になります。採用する会社にもよりますが、学歴は専門学校を卒業していることが求められます。開発職の場合は大卒よりも専門学校卒の方が有利です。

知識やスキルよりもセンスや企画力や発想力jがものをいう業界

開発職ではなくプランナーやディレクターなどの企画書を目指す場合は大学卒の方が有利になることもあります。特に大手のメーカーは大卒資格を条件にする所が多いです。ゲーム業界で必要とされるのは、知識やスキルよりもセンスや企画力、発想力、ニーズを捉える臭覚、強い思い入れや情熱を持っている人の方が重要視されます。このようなセンスや発想力は学校で教えられることではなく自分自身で身につけるものなので、普段の生活ぶりが大きく影響します。

独学でゲームを創ってメーカーに売り込む方法

専門学校で教わることは基本的な知識やスキルです。もちろんそれも大事ですが、普段から常に好奇心を持って何事にもチャレンジする精神を養うことが必要です。例えばゲームが好きで好きで独学で創り上げる人もいます。それが独創的ならば、すぐに認められます。また自分で作ったゲームをメーカーに持ち込んで認められるケースもあります。それの人に共通しているのはセンスと企画力と情熱があるという点です。その意味では必ずしも学歴尊重ではない業界なので、努力と才能次第でクリエイターになれます。

人気のあるゲームの専門学校はHAL東京です。ここにはゲームに関係している学科が複数あり、様々なことを学べます。