自分を見つめなおしてみることも大切

高校に通っている中で、やりたい夢ができるなど将来に考えることは誰しもあり得ることです。その考えの中で、今通っている学校ではなく、別の学校へ転校した方が、自分に合う道の選択となると考える方もいます。

もし今の高校よりも適した学校があると思うのであれば、いきなり転校をしようと突っ走るのではなく、一度冷静になって今後のことについてじっくり考えることが必要です。夢ができたのならば、その夢が自分にとってどのくらい大切なものなのか、転校がベストな答えなのか良く考えて結論を出しましょう。

一人で抱え込まず周りに相談してみよう

転校を考えた場合、その答えは1人で出していいものではありません。高校生という立場上、別の学校に行きたいと考えても、保護者の許可や教師に相談することも必須です。特に教師に相談することで、他にもよい道の選び方を提示してもらえる可能性もあります。またどうすればいいのか迷っている場合でも、人に話すことによって、自分の気持ちを整理することにも繋がります。担任の教師や保護者以外でも、親しい友人や話しやすい教師など、自分が相談しやすい相手から話してみるのも1つの手です。

一人一人にとって後悔のない選択をしよう

保護者や教師に相談した場合、転校を反対されることもあるかもしれません。もし反対された場合、自分に合う道の選択をもう一度考えなおしてみることも大切です。反対されたとしても、別の高校に行きたいと考えているのであれば、その熱意を反対された相手に伝える努力も必要です。もし一度話しただけで諦めてしまうのであれば、相手にもその程度の夢と判断されやすくなります。本気で違う高校に行って学習したいという気持ちがあるならば、その想いを伝える努力をして、後悔のない選択をすることが大切です。

高校を転校する理由は、親の都合の引越しや偏差値やスポーツ力の高い学校、いじめ問題等がありますが、偏差値が高い高校に転校するのはかなりの努力が必要です、また落ちたとしても戻れる制度があるか等は重要です。