一枚は持っておくと良い!

お財布の中には銀行のカードやらポイントカードやら様々なカードが入っていることと思いますが、カードの中には緊急時に使えるクレジットカードというものもあります。クレジットカードを何十枚も持っているという人もいれば、一枚も持っていない人もいるでしょう。あまり多く持ち過ぎるとどれがどれだか分からなくなり混乱を招きますので、多くてもせいぜい5枚くらいにとどめておきたいものです。逆に一枚も持っていないという人なら、一社くらいは作って持っておくと何かと便利に使えます。返す当てがないお金を借りることはオススメできませんが、計画的に使う分ならかなり便利なカードになります。

お金を借りることができる!

クレジットカードを使って買い物をするとポイントが付くのもメリットです。銀行のカードでお金を下して買い物をしてもポイントは付きませんが、クレジットカードは使えば使うほどポイントが溜まりますので、クレジットカードを使うメリットは大きいでしょう。そして何よりも便利なのは、お金を借りることができるカードであるというところです。使い方さえしっかり理解していれば、安心してり利用することができるはずです。多く借り過ぎて返せないなんてことにならないように、利用限度額を下げることも可能です。

使い方を誤るとエライことになる

クレジットカードがあったからこそ、助かることもあるだろうし、逆に使わなければ良かったなんていう結果を招くこともあります。物は使いようで、クレジットカードだろうが、銀行のカードだろうが、使い方を間違えれば良い結果は得られません。クレジットカードでは急なお金を借りることができますが、返す計画も練っておく必要もあるでしょう。計画的に使えばむしろ得をすることができるので、クレジットカードの利用は本人次第と言えます。

クレジットカードを使う際、どうしても金銭のやりとりが行われている感覚が無くなってしまう為、計画的な使用を心掛ける事で使いすぎを回避出来ます。