信用取引にかかる手数料

株取引をするときには様々な手数料がかかります。株の売買をするときにはその金額に応じて取引手数料がかかる仕組みになっていて、その金額については証券会社によってかなりの差があるのが特徴です。一般的にネット証券会社の方が取引手数料が少ない傾向はありますが、その間でも大差があるので注意しましょう。自分がどの程度の金額で取引するかを考えてその金額帯でできるだけ手数料が少ない証券会社を選ぶと利益を上げやすくなります。

信用取引だからかかる手数料

株取引をするときに信用取引を選ぶとお金や株式を借りることになります。そのときにかかるのが金利や貸株料です。金利としておよそ2%から4%程度、貸株料も1%から4%程度かかるのが一般的であり、信用取引をするときには証券会社ごとの比較が重要になります。証券会社としてはこのような手数料を合わせて徴収することで利益を得ているので、取引手数料が安いと金利が高いということもしばしばあるのでよく比較することが欠かせません。

手数料は低下傾向にある信用取引

株取引を行う人が増えてきている影響を受けて信用取引にかかる手数料は低下する傾向があります。信用取引の方法がだんだんと知られるようになった影響が大きいと言えるでしょう。また、資産を持っていても増えないという事実に直面して老後のために少しでも資金運用をしたいという人が増えているのも重要な原因です。手数料が少なくなればそれだけ利益を上げられる可能性が高いのが事実であり、誰にとっても株取引を始めやすくなっているのです。

株の信用取引の金利は証券会社によって異なるので、金融系の情報サイトで、有利な条件で取引ができる証券会社を見つけるべきです。